おスギ

おスギ

杉山清隆とオメガトライブの略。オメガトライブの「お」、杉山清隆の「スギ」。


嘘。


杉山のなかの杉山、オタクのなかのオタク

新入生歓迎会アムロ・レイコスプレをしたオタク

いまは東映のビデオ事業部でオタク業務に邁進中の中年オタク


おスギ、命名秘話

 うちの高校の漫研にあたる、ファンタジークラブっていうのがあって、オタクに進化する直前のおスギは入部したがっていた。

 「あぜ、紹介しろよ」の依頼の一言で、ぼく(あぜ)は、彼をファンタジークラブに紹介することになった。

 

 部員が沢山満ちている部室で、ぼくは「新入部員です」と言った。同学年や、先輩たちが興味津々の目で彼を見つめた。

 「同じクラスの男の子です。杉山君といいます。通称は…」

 みんなが息を飲んで見つめている。また、なんかでっち上げなければいけない。

 「通称は、おスギです!」

 0.3秒の勝負だった。

 

 みんなの大爆笑。おスギの困惑した顔。

 「あ、あぜ、お前なあ…。

 いいません、いいません。あぜが今、つくったんです」

 

 だが、時すでに遅かった。

 「つくったのは、わかりまっした。でも良いじゃないですか?」

 「じゃあ、ファンタジークラブでは、これから彼をおスギと呼びましょう!」

 「さんせーい!」

 「さんせーい!」

 ぱちぱちぱちぱち。

 おスギの困惑した顔。

 

 

 翌年、おスギは、ファンタジークラブの部長となった。後輩からは、おスギ先輩と呼ばれていた。

 以来20年以上、彼は、おスギと呼ばれ続けている。東映に入社してからも、会社でもおスギと呼ばれている。


キムラ・セッズ

それ知らんかったよ。ちなみに彼の上司である部長は、

おスギを「杉さん」と呼んでいるのを聞いた。良太郎チック。


おスギんちのねこたんの名前は顔回。学を好む。

ちなみに、おスギ長電話していると、おスギのおかあさんは、

電話線をハサミでブチ切ります。


さらに、柏からおスギの家のある流山市野々下に向かって歩くと、

どんどん街の灯りが消え、満天の星が見えてきます。山間部に住む男。


あぜ:せっず

猫の顔回!懐かしい!極めて学を好む猫ね。

 

電話線を切る長電話は、ぼくとしてました。

話してたら、なんか、じーじー音がするのよ。

何だろうと思って聞いても、「気にするな」って。

それでも、じーじー音がするので、なんだろうと思って聞いたら、

 

「気にするな、母親が長電話に怒って、ハサミで、電話線切ろうとしてるんだ」

って、冷静に…。


キムラ・セッズ・アゲイ

気にするよ、ふつうはな。

する(あぜ


さらに追記すると、東映おスギおスギと呼ばれているのは、

おスギが悪いんだよ。


会社では2期も先輩である俺を「キムラさん」と呼ばず、

「タツヤ」と呼ぶもんだから、人事部は「ちゃんとキムラさんと呼べ」

と指導したらしいじゃないか。このままではおスギは危ない。


俺は俺で「俺は気にしてないよ」という、

おスギ救済策に出るしかなく、そのためには、

おスギ」と呼ぶしかないではないか。


まあ、おスギが「キムラさん」と呼んだとしたら、

俺は「杉山くん」と呼んだだろう。でも、

おスギ」と呼ばれてることは確実にバラスけどな。


というわけで、おスギ。をプロデュース。(キムラ